からめもぶろぐ。

俺たちは雰囲気で OAuth をやっている

Microsoft Teams の Power Apps からメッセージを投稿してみる

前回の記事では Param("hostClientType") を使って Microsoft Teams の実行されている環境を取得しました。

blog.karamem0.jp

Microsoft Teams から Power Apps には他にも情報が取得できるので、サンプルとして、現在表示されているチームとチャネルの情報を取得して、メッセージを投稿してみたいと思います。

画面イメージは以下のような感じです。Param("groupId") と Param("channelId") でチーム ID とチャネル ID をそれぞれ取得できます。メッセージを入力して [Post] をクリックすると Power Automate の呼び出しを行います。

f:id:karamem0:20201028142330p:plain

Power Automate ではシンプルに引数を受け取って Teams のメッセージを投稿するアクションを実行します。

f:id:karamem0:20201028142836p:plain

試しに実行してみます。適当にメッセージを入れて [Post] をクリックします。

f:id:karamem0:20201028142921p:plain

メッセージが投稿されているのがわかります。

f:id:karamem0:20201028143007p:plain

Microsoft Teams と Power Apps の相互作用ができるようになると Power Apps の作成はもっと可能性が見えてくると思います。ぜひいろいろ試してみていただければと思います。