からめもぶろぐ。

俺たちは雰囲気で OAuth をやっている

SharePoint 2013 のコンテンツ データベースの名前を変更する

SharePoint 2013 をインストールすると、初期状態で管理センター用にコンテンツ データベースが作成されます。このデータベースの名前は SharePoint_AdminContent_<GUID> となるのですが、GUID をつける必要もないような気がするので、データベースの名前を変更してみました。

docs.microsoft.com

まずは現在のコンテンツ データベースの情報を取得します。

Get-SPContentDatabase -WebApplication <Web アプリケーションの URL>

ID を指定してコンテンツ データベースを切断します。

Dismount-SPContentDatabase -Identity <コンテンツ データベースの GUID>

SQL Server Management Studio で SQL Server にログインし、データベースの名前を変更します。
変更が終わったら、コンテンツ データベースに接続します。データベースのサーバー名は省略可能です。またデータベースのサーバー名に localhost は指定できませんので、SQL Server と SharePoint が同じマシンに入っている場合でも、マシン名を指定する必要があります。

Mount-SPContentDatabase -Name <コンテンツ データベースの名前> -DatabaseServer <サーバー名> -WebApplication <Web アプリケーションの URL>