からめもぶろぐ。

俺たちは雰囲気で OAuth をやっている

SPClientCore 2.0.0 を公開しました

github.com

あんまりアップデートの告知をしていなかった SPClientCore ですが、2.0.0 を公開しました。2.0.0 では 1.* 系から大幅な変更があります。

  • コマンドレットのプレフィックスが SP から Ksh になりました。例えば Get-SPList は Get-KshList になります。*1
  • REST API をやめて代わりに CSOM API を採用しました。といっても CSOM のライブラリは使っていません。これによって、これまで REST API で存在した不具合 (リスト アイテムに更新できない列があるなど) についてはすべて解消しました。
  • SharePoint Server への接続を廃止しました。完全に SharePoint Online でのみ動作します。その代わり、SharePoint Online Management Shell で提供されている機能についても使えるようになっています。
  • PipeBind を廃止しました。これまで Update や Remove のコマンドレットに Identity として URL や名前を指定できていたのですが、今後は常に Get で取得したオブジェクトを指定するようになります。
  • 完全なヘルプ ドキュメントを追加しました。Get-Help で表示できるほかオンライン ドキュメントとしても参照できます。

パッケージは NuGet Gallery からインストールできます。

www.powershellgallery.com

*1:Ksh は Korn Shell ではなく Karamem0 SharePoint の略です。

Application Registration Portal 終了のお知らせ

Azure Active Directory 2.0 に対応したアプリケーションを登録するためのポータル サイトであった https://apps.dev.microsoft.com ですが、残念ながら終了となってしまうようです。

現在ログインすると以下のようなメッセージが表示されます。

We will no longer support registering and managing converged and Azure AD applications here starting May 2019. We recommend that you manage your existing applications and register new applications by using the App registrations (Preview) experience in the Azure portal.

5 月以降はサポートしなくなるので Azure ポータルのほうを使ってくださいね、とのことです。いろいろ思うことはありますが Azure ポータルに統合されるのは歓迎と思っていいでしょう。

Capreze 1.1.0 を公開しました

Capreze 1.1.0 を公開しました。

github.com

オフセットのサイズを指定できるようにしました。現状ほとんど意味はありません。あと内部的に不要なロジックを削除したりとか。

中身よりも AppVeyor を使って GitHub Releases に Artifacts をコピーするまでの設定が面倒くさかったです。

Capreze 1.0.0 を公開しました

スクリーンショットを取るときに事前にウィンドウ サイズを変更して取ったりするのですが、Windows 10 の場合、既存のリサイズ ツールではちょうど指定したサイズでスクリーン ショットを取ることができず、仕方がないのでツールを作りました。

github.com

Capreze (カプレーゼ) は Capture Resize の略です。名前の通り、指定したサイズでスクリーン ショットが取れるように自動的にサイズを調整してくれます。そのほかの特長としては、

  • 高 DPI に対応 (DPI に関わらずちゃんとリサイズしてくれます)
  • プリセット ボタンによる簡単リサイズ
  • というものがあります。

あと大事なこととして .NET Core 3 (preview3) で動作します。.NET Framework ではありません。例の .NET Core 3 の WPF です。大事なことなので 2 回書きました。
ダウンロードは GitHub からできます。本体のみのほか、自己完結型 (SCD) のパッケージもアップロードしてありますので、.NET Core 3 をインストールしていない場合はこちらをお使いください。