からめもぶろぐ。

SharePoint が得意なフレンズなんだね!すごーい!

SharePoint Framework 1.4.1 で追加された MSGraphClient を試してみた

SharePoint Framework 1.4.1 がリリースされ、プレビューですが Graph API をサポートしました。

Office Dev Center - Now Releasing – Enhanced preview support for Microsoft Graph API calls from SharePoint Framework

これまでのバージョンでは、GraphHttpClient によって限定的な Graph API の呼び出しがサポートされてきましたが、今回のリリースでは、新しい SharePoint 管理センターから承認することで、任意のアクセス許可を与えることができます。
今回のリリースで追加されたのは MSGraphClient という名前になっており、モジュールも @microsoft/sp-client-preview になっています。

docs.microsoft.com

追加のアクセス許可を取得する場合は、package-solution.json にアクセス許可を指定します。アプリ カタログ サイトに登録したときに、承認待ち状態でアプリが登録され、管理者が承認すると許可された API が使用できるようになります。

docs.microsoft.com

ちなみに、残念ながら GraphHttpClient とは違い OAuth で新しいウィンドウを開く動作となっていますが、ポップアップ ブロックが有効になっているときに親切にも教えてくれるようになりました (/・ω・)/