からめもぶろぐ。

SharePoint が得意なフレンズなんだね!すごーい!

PowerShell Core に対応したモジュール開発環境を作ってみる

PowerShell Core が 6.0.0-beta になり .NET Core 2.0 に対応しました。いよいよ PowerShell Core も本格的になってきたので Visual Studio で PowerShell Core なモジュールを作成するための手順をまとめました。 MyGet への参照の追加 PowerShell Core の…

OAuth + Office 365 API ではじめるアプリ開発を公開しました

話す機会がないのでスライドだけ。 Azure Active Directory での OAuth の使い方をまとめました。v1.0 と v2.0 のエンドポイントが混在している状況は開発者の混乱の元になるので改善を期待したいところです。(2017/9/6 追記) Resource Owner Password Crede…

Docs.com のスライドを Speaker Deck に移動しました

support.office.com終了アナウンスが出てるから仕方ないですね。移行先として SlideShare が推奨されていますが、好きじゃないので Speaker Deck にしてみました。

SharePoint 2016 で個人用サイトを作成すると謎のサイト コレクションが作成される

SharePoint 2016 で個人用サイトを作成したときに「sitemaster-<GUID>」という名前の見慣れないサイト コレクションが作成されます。これは SharePoint 2016 から追加された「高速なサイト コレクション作成」という機能によるものです。あらかじめサイト マスター</guid>…

SPClient 0.14 をリリースしました

www.powershellgallery.comPnP のおかげでやる気が出ません。

SharePoint Framework (SPFx) から Office 365 API を叩いてみる

SharePoint Framework (SPFx) の Web パーツでは新しいエクスペリエンスが採用され、これまでの SharePoint アドインで使用されていた iframe が廃止されました。SharePoint アドインでは OAuth2 の暗黙的な許可フローでうまいこと iframe 内でリダイレクト…

SharePointPnP.PowerShell Commands というものがあるらしい

github.comアルェー(・3・)公式でサポートしてるのかよ…完全に見落としてた。

SPClient 0.13 をリリースしました

www.powershellgallery.comコンテンツ タイプに列の追加と削除ができるようになりました。コンテンツ タイプの場合、追加と削除は Field ではなく FieldLink というクラスを使うのですが、使いづらい感じなので隠蔽しています。 また、Debug-SPClientObject …

CSOM の WebTemplate には Path が入ってこない件

どういうことかというと、以下のコードを実行します。 public static class Program { private static void Main(string[] args) { var siteUrl = "<サイトの URL>"; var userName = "<ユーザー名>"; var rawPassword = "<パスワード>"; var securePassword …

SPClient 0.12 をリリースしました

www.powershellgallery.comまた 0.11 のリリース告知を忘れてましたので、0.11 と 0.12 の変更点をまとめます。新たに追加された関数はないのですが、パラメーターの名前が変わったり、既定の動作が変更されたりしています。例えば NoEnumerate パラメーター…

SPClient 0.10 をリリースしました

www.powershellgallery.comオンライン ヘルプを作りました。PowerShell のヘルプ ドキュメントから Markdown への変換は platyPS というモジュールが役に立ちます。Microsoft の PowerShell Team で開発しており、なかなかいい感じです。github.comあとは細…

SharePoint Online の Excel Services (SOAP API) を叩いてみる

Excel Services を使うと SharePoint のドキュメント ライブラリに保存されている Excel ファイルを直接編集することができます。プログラムから Excel を編集というと Open XML SDK を使うか、サードパーティー製のコンポーネントを使うかという話になるの…

SPClient 0.9 をリリースしました

www.powershellgallery.comファイルとフォルダーに関する関数が追加されました。リスト アイテムとの変換を行う関数も用意しています。 ちなみに ListItem.Folder プロパティの説明だと変換できないときに null を返すと書いてあるのに、実際は ServerObject…

SPClient 0.8 をリリースしました

www.powershellgallery.comデータ取得で * (アスタリスク) による指定ができるようになりました。つまり、こんな風に呼び出せます。 Get-SPClientWeb -Default -Retriavals "*,Lists.Include(*)"これは内部的に以下のように変換されます。 clientContext.Loa…

CSOM で実行される Web リクエストを取得する

CSOM では内部的に Web リクエストを発行していて、どういうリクエストが流れているかを見るためには Fiddler などのツールを使わないといけないのですが、とても面倒くさいので、コードから取得できるようにしてみました。ちなみに ExecutingWebRequest イ…

SPClient 0.7 をリリースしました

www.powershellgallery.comコンテンツ タイプを取得、追加、削除する関数を追加しました。 また、いくつかの関数について、よりわかりやすいように動詞を変更しました。そろそろドキュメント ライブラリやファイルを操作する関数も追加しないとですねえ。

SPClient 0.6 をリリースしました

www.powershellgallery.comそういえば 0.5 の告知を忘れてましたが、0.6 をリリースしました。New-SPClient 系の関数が追加されました。特に New-SPClientField 系は強力です。CSOM の場合、Field の作成は Schema.xml を理解しないとできないのですが、その…

CSOM の Site.OpenWeb メソッドで File Not Found が発生する件について

CSOM で以下のコードのように同じサイトを作成したり削除したりを繰り返すと ServerException (File Not Found) が発生します。 最初はタイミングの問題かなと思ったのですが、スリープを入れても常に発生するので、そういう問題でもなさそう。 $context.Loa…

続・Azure ML を使ってドクターイエローの運行予測をしてみる

blog.karamem0.jp答え合わせ。ちなみに他サイトの情報を参考にすると、運行したのは 3/3~3/4、3/7~3/8、3/13~3/14、3/24~3/25 だったようです。こちらは実測値とも符合しています。doctoryellow.net2 月は日数が少ないので 30 日の予想だと 1~2 日ずれ…

SharePoint Online で日本語名のファイルをダウンロードするとファイル名が欠落する件が解消された模様

blogs.technet.microsoft.comSharePoint Online では長い日本語名のファイルをダウンロードするとファイル名が欠落する件が発生していたのですが、最近になって解消された模様です。ちなみに OneDrive for Bussiness のほうも同様に解消されているようです。…

Azure ML を使ってドクターイエローの運行予測をしてみる

ずっと放置していたドクターイエロー運行予測ですが、データが溜まってきたのでいよいよ Azure ML で予測をしてみることになりました。preddy.azurewebsites.net全体像はこんな感じです。 時系列データの取得 元となる時系列データは Azure SQL Database か…

艦ぷちの公開を終了しました

2014 年 1 月より公開していた Windows アプリの「艦ぷち」ですが、公開を終了することになりました。おかげさまで評価が平均 4.6 (5 段階評価) と高評価をいただいておりまして、作成した甲斐があったと思っています。また、個人的には Windows Phone アプ…

SPClient 0.4 をリリースしました

www.powershellgallery.com権限設定に関連する関数を追加しました。こんな感じで書けます。 Add-SPClientType Connect-SPClientContext -Online ` -Url "https://***.sharepoint.com" ` -UserName "hoge@***.onmicrosoft.com" ` -Password (ConvertTo-Secure…

SPClient 0.3 をリリースしました

www.powershellgallery.com以下の関数が追加されました。 Get-SPClientListItem 他には細かいところを調整しています。

SharePoint 2013 で JavaScript からユーザー選択ウィンドウ (PeoplePicker) を呼び出す

<SharePoint:PeopleEditor> を使わずに JavaScript だけでダイアログを表示してユーザー選択をさせるサンプルです。github.comやっていることは割と簡単で /_layouts/15/Picker.aspx を SP.UI.ModalDialog.showModalDialog で呼び出すだけです。戻り値として XML が返ってくるので中身</sharepoint:peopleeditor>…

SPClient 0.2 をリリースしました

www.powershellgallery.com以下の 4 つの関数が追加されました。 Disconnect-SPClientContext Get-SPClientField Get-SPClientUser Get-SPClientView

SPClient 0.1 をリリースしました

PowerShell で CSOM を使って SharePoint を操作するためのモジュールを 0.1 版として公開しました。より PowerShell らしくシンプルに書けるような関数を提供します。 特に ClientContext.Load メソッドのラムダ式を JSOM ライクに文字列で指定できます!Po…

JSOM の executeQueryAsync で使われている Function.createDelegate について

JSOM のサンプルを見ると当たり前のように使われている Function.createDelegate について。引数に this を渡しているのでだいたい想像が付くとは思いますが、JavaScript の this の面倒なアレを解決してくれるんですね。 <asp:Content ContentPlaceHolderID="PlaceHolderMain" runat="server"> <script type="text/javascript"> var obj = { web: null, retrieve</asp:content>…

SharePoint Online の REST API を PowerShell から叩いてみる

この記事は「PowerShell Advent Calendar 2016」の参加記事です。qiita.com前回の記事で「REST API を Invoke-RestMethod で叩けるかも」と丸投げなことを書いてしまったので、実際にやってみたいと思います。blog.karamem0.jp OAuth についておさらい Share…

SharePoint を PowerShell から操作する方法まとめ

この記事は「PowerShell Advent Calendar 2016」の参加記事です。qiita.com今は SharePoint をメインでやっているこのブログもいつの間にか PowerShell タグがついた記事が結構増えているわけですが、SharePoint の構築や運用にあたって PowerShell は欠かせ…